売却時費用はもっと安くできる!

不動産売却時の費用は安くできる

3000万円のマンションも、3億円のマンションも、不動産を売る場合の売る手間はほとんど変わりありません。
しかし、3000万円のマンションの仲介手数料は1,036,800円で、3億円は9,784,800円となり、その差額は8,748,000円におなります。

この差、仲介手数料が約870万円も違いがあります。

この差、あなたはどう思いますか?
ま、そんなものだろうって思う人もいれば、そんなくらいの差額、売れる金額(成約金額)の差に比べれば何ともないと思う方もいるかもしれません。

そう思っているあなたは、とっても不勉強な方です。
成約金額の差は、無い!って言える現状を知らないのです。

売れる金額に差はない

まさかとは思いますが、あなたが不動産業者によって成約できる金額に差があると思っているのでのであれば、時代錯誤も甚だしいと思って、とっても不勉強だと思って下さい。

なぜ、時代錯誤であり、不勉強なのか?
それは言うまでも無く、成約金額に差が無いからです。

なぜ差が無いかは、インターネットの普及と共に不動産の相場も簡単にわかるようになり、その結果、売り出し価格も成約価格も不動産屋に確認すればすぐわかるようになっているのです。

従って、売り出す価格は多少不動産業者によって違いは有るかもしれませんが、しかし成約価格は違いが無いという結果になってきているのです。

手取額で差が出るのは費用の差額のみ!

さすがに同じ販売行為で差が無いのであれば、あなたが手取り額を多くするためにできることは、あらかじめ仲介手数料について中期を任せる不動産業者と交渉し、取り決めをしておく事しかなく、もし、このことを怠った場合、あなたの手取り額は大きく損なわれ、大きな損失を被ることになるのです。

では、大きな損失を被らないようにする為にはどうすればいいのか?

それは、いくつかの不動産会社に査定依頼する時にあらかじめ手数料についてもその額を交渉して、不動産会社同士競わせるようにしてしましょう。

今では一括査定サイトも有り、簡単に不動産会社同士を競わせることも可能です。
 
不動産を売る場合には業者と媒介契約を交わすことになりますが、その契約書には、仲介手数料の取り決めを記載する項目もあります。

諸費用の内、最も高額となる手数料ですが、しかしその諸費用の内最も交渉して低く抑えることのできるものも仲介手数料なのです
それは仲介手数料が先の宅地建物取引業法で上限だけが決まっているからです。

その範囲内なら、いくらで媒介契約しても構わないのです。
「手数料を安くするとその分宣伝費をかけてくれない」「きちんと売ってくれない」などと思ってはいけません。

もう一度言いますが、3000万円でも3億円でも、売却活動の手間はそれほど変わらないのです。

もし、不動産屋から「手数料の割引は出来ません。会社で決まっているので」とか、「手数料は法で決まっているので安くできないです」などと言われたら、その業者とは取引をする必要なんてありません。

大手不動産業者でよく言われる「会社のルールで決まっています」なんて言葉を聞いたら、まずは査定自体から断ってみるのもテクニックなのです。
確かに手数料なりの商売をしてくれれば、多めに払っても商売なので構いませんが、納得のいく金額を支払いたいものです。
 
高額物件なら手数料の値引き交渉もある高額になるケースが多いのです。

インターネットでも、不動産売却の手数料を格安で業務を行っている業者もたくさん見受けられます。

もし知らないと言う人は、「マンション売却 仲介手数料の安い不動産屋」などのキーワードで検索してみたら良いでしょう。

安ければ良いというわけでもありませんが、安いに越したことはありません。

要は納得のいく料金というのが重要で、別に宅地建物取引業法という法律で決まった上限額を支払う必要など無いのです。

まとめ
仲介時の手数料は上限【(物件価格×3%+6万円)×消費税】しか決まっていない。
従って、売却時の諸経費を抑えたいなら仲介手数料を安くしている不動産仲介業者を利用するのも一考でしょう。



あなたの役に立ったらシェア!

コメント


認証コード9397

コメントは管理者の承認後に表示されます。