最も高く早く売れる物件とは?

空室の方が高く売れる可能性が高い!? って

ん?、何か違うぞ。
どこだ???


何かおかしいぞ?

その理由は、居住中の家の方が高く売れている現状があるから。

宅建士が不動産売却の不都合な真実を語ります!

さて、あなたは居住中と空き家、どちらが早く高く売れるかご存知ですか?
どうぞ考えてみてください。
如何でしょう?

では、早々回答としましょう。

早いのは、空き家。高いのは居住中 です。とは言え、空き家でもダメな物件もあれば、居住中でもどうしようもない物件もあります。

その実、空き家と居住中、そんなに変わらないというところなのです。

ただ、早く高く売るにあたって一つ言えること、それは空き家でも居住中でも一番高く売れる家とは、ズバリ、買主さんの思いを壊さない家、思いを叶えられそうな家と言った方が良いかもしれません。

もう一つ言えることは、売る物件を商品と考えられている売主さんの家は高く売れるとも言えるでしょう。

なぜ、売る物件を商品と考えられている売主さんの家は高く売れると言えるかというと、不動産業界歴25年以上、不動産仲介業界歴15年以上、既に仲介させて頂いたマンションと一戸建て併せて2000件以上の私の感覚では、売れる家と売れない家との差とは、売主さんの考え方に大きく左右されることがほぼ全物件だったからなのです。

最も早く高く売れる家は、ズバリ、モデルルーム並みに綺麗な空き家です。
最近流行りのホームステージングを施しても良いかもしれません。

最も高く売りたいなら、居住中でもモデルルーム並みに室内が綺麗で整理整頓された場合であり、最も安く売るなら(こんな人はいないと思いますが)、居住中で室内がごっちゃごちゃに片付いていない場合となります。

空き家の場合、室内を少しでも綺麗にするためにハウスクリーニングは必ずしましょう。
なぜハウスクリーニングするかと言えば、中古物件の場合、住まいの形跡があちこちに出ていて汚く見えるからです。

実は、最も売れないのは、親バカ張りに自惚れしておられる室内の特異なお部屋という事だけは分かっているのですが、空き家も居住中も、それを売る人が買い手の気持ちに寄り添う事が出来てさえいれば売れるものなのです。

但し、どんどん売却物件が多くなってきている現状では、買い手も物件を選び放題ですから、この状況下では空き家でも室内が汚いなら売れはしますが、高くは売れません。

買い手はとてもイメージを大事にしています。


ファーストインスピレーション

ファーストインスピレーションで、まず買うに値する物件かどうかを決めている人が大半です。

従って、もし空き家でもファーストインスピレーションがダメなら売れないという事になるのです。

ファーストインスピレーションとは、第一印象であり直感により決めることが多い様です。

という事で空室の方が不動産は高く売れます。と断定している不動産業者は早々疑ってかかった方が良いかもしれません。

空き家は早く売りたい方には向いています。
また、少しでも高く売りたい方は居住中で売った方が高く売れる傾向があります。
「空室のお部屋よりも、居住中のお部屋の方が高く売れる傾向がある」という傾向になります。

この記事では、最も高く早く売れる物件とは?という事について、私の実経験から説明しましょう!

どんな家が高く売れているのか?
それは、自分が買った後のこと(そこで素敵な生活をしているイメージ)が容易に想像できる空間がある物件でしょう。

空き家が高く売れるか、居住中がいいか、っていう考えるより大事なこととは、その家を商品と考えるってことです。

では、どの基準で有ればあいいでしょう?

男性はインスピレーションを重視する傾向があります。
女性は機能性のようです。


女性の考え

これは恋愛に似ているかもしれませんね。

女性の場合、そのお部屋で明るい新生活をイメージしてもらえるか…?この点を意識してみましょう。

あなたの役に立ったらシェア!

コメント


認証コード3558

コメントは管理者の承認後に表示されます。